【2019年】新アルバムで注目!KEYTALKライブ定番曲やセトリは?DON’T STOP THE MUSIC!

アーティスト紹介
スポンサーリンク

こんばんは、TAH-kunです!
このブログではアーティストやフェス情報を自由気ままに発信しております!

本日の記事では、2019年版!新アルバムで注目のKEYTALKライブ定番曲やセトリについてお話していきます!
年々レベルアップを続けるバンドKEYTALK!女性ファンだけでなく、男性ファンもたくさん!
そんな彼らの魅力を余すことなく伝えていきたいです!

TAH-kun
TAH-kun

夏が似合う男前バンドKEYTALK!
ノリノリな曲からしっとりする曲まで幅広い演奏が魅力的です!

11月6日は待望の新アルバムが発売されます!要チェックや!

またKEYTALKは、私がフェスにはまるきっかけを作ってくれた恩が深いバンドです。(勝手に恩を感じています。。)
楽しい曲はもちろん、ライブの楽しみ方もあわせて紹介していきます!

スポンサーリンク

下北沢発祥パリピバンドKEYTALK

少なくとも私は彼ら以上のパリピバンドを知りません(笑)

イナズマロックフェスティバル行きたかった・・・。

4人組バンドとして活動しており、2013年にメジャーデビューを果たしました。
メンバーはとても仲が良く、いい意味で大学生のノリを見せてくれます!見てるこっちも微笑ましくなります!

KEYTALKのメンバーは?

左:小野 武正
ギター

KEYTALKではリーダーの役割を担っており、MCでお客さんを盛り上げます。
「エビバディセイ、ぺーい!」などの独特な掛け声で会場を沸かせます!
メンバーの中では最もステージを駆け回っているのではないでしょうか。

左から二番目:首藤 義勝
リードボーカル・ベース

KEYTALKの多くの曲を作詞・作曲するスペシャリスト。
高い声が特徴的で、とても聴きやすくいい声をしています!好きです!

右から二番目:巨匠(寺中 友将)
メインボーカル・ギター

「大学時代に一番偉そうにしており、サークルの先輩から巨匠と呼ばれるようになった」のが名前の由来だそうです。
2015年7月から10月まで武道館公演に向けライザップに通っていたとのこと・・・!
KEYTALKの筋肉担当で色気もありかっこいいです!

右:八木 優樹
ドラム

とても可愛い笑顔を武器とし、あざとい仕草で女性ファンを魅了しています(笑)
しかし、いざ演奏が始まると激しいドラムをしながらホイッスルも吹くなどとても器用で実力の高さが分かります!
愛知県でのライブでは中日ドラゴンズのユニフォームを着てきます。ファンだそうです!

新アルバム「DON’T STOP THE MUSIC」も11月6日発売!

待ちに待っていたアルバム!あと1か月ですか。
待ちきれないのでポチっとしますか。

アルバム名はKEYTALKの「BUBBLE-GUM MAGIC」のフレーズから取ったみたいですね。
夜明けまでずっと音楽を鳴らして盛り上がりたいという気持ちが伝わってきます!

収録曲はアルバム名にも採用された「BUBBLE-GUM MAGIC」や「ララ・ラプソディー」を含む全12曲です。

ライブの魅力!

もうとにかく騒ぐことが一番の楽しみ方だと思っております!
KEYTALKの定番ソングはこれから紹介しますが、そのほとんどに振付けがあります。
もちろん、振付け全てを覚えて臨むのは難しいですが、覚えれば覚えるだけ楽しむことができます!

また、飽くなき挑戦心も素晴らしく、2019年の夏には週に1度新曲を発表していました!

8/9リリース「真夏の衝動」
8/16リリース「旋律の迷宮」
 ⇒ドラマ「警視庁ゼロ係 ~生活安全課なんでも相談室~ SEASON4」主題歌
8/23リリース「ブルーハワイ」
 ⇒CM「ホットペッパービューティー」テーマソング
8/30リリース「Catch The Wave」


いや、すごすぎでしょ!こんなにCMや主題歌に抜擢されるような曲を毎週発表できますか?

夏フェスでは新曲も積極的に披露してくれます!

他には、「自由過ぎるボーカル巨匠」にもぜひ注目していただきたいです。
夏フェスでは水やポカリなどで水分補給をするバンドが一般的ですが、巨匠はビールで水分補給をします(笑)

ビール片手に登場してステージの真ん中でおいしそうに飲むという自由気ままさ・・・。
そういうところも含めて、パリピバンドKEYTALKの魅力でしょう!

ライブ定番曲TOP5

フェスでKEYTALKを見に行く予定だけど、何を聴けばいいか分からない!
そんな方々のために、2019年のフェスでよく歌われる曲を選んでみました!

必ずしも全て歌うとは限りませんが、高確率で聴けると思うのでしっかり予習して臨みましょう!

MONSTER DANCE

この曲なしでKEYTALKを語ることはできません!
ライブではエンディングに歌われることが多いKEYTALKの代表曲です!

MVではお客さんが楽しそうに踊っているシーンもあります!
ライブではこの踊りをみんなでするのが定番です!こちらもしっかり覚えて臨みたいところです。

また、曲の途中で転調するのも特徴的です。
ひとつの曲で2曲分楽しめる、そんな曲です!

MATSURI BAYASHI

こちらのMVでも一曲通しての振付けがあります!
しかし、全体的に難しいので覚える必要はないかもしれません。
ライブでは周りに1人くらいは完璧に踊れる方がいるので、その方の振付を見ながら踊りましょう(笑)

こちらの曲も十分盛り上がります!

YURAMEKI SUMMER

爽やかでノリノリなナンバーです。
他の曲と比べると、わりと初期のころから演奏している曲です。

Ah! (Hoo!)
Who are you (Who are you!)
(Wow Oh!)

など、合いの手パートもたくさんありお客さんも主体的に楽しめるのが特徴です!

BUBBLE-GUN MAGIC

MVがなんともセクシー!気が付いたら何度も再生していました(笑)
こちらも夏を代表したようなテンションが上がる曲です!

ここまで紹介して思いますが、KEYTALKは盛り上がる曲を作る天才だと思います。
こんなに騒げる曲が多いと、いろいろな意味でライブが大変ですね!

Summer Venus

クラブミュージックのような「ザ・パリピ」ともいえる一曲ではないでしょうか。
サビ前のEDMがなんともチャラい・・・(笑)

フェスではクラブのように思い思いに踊る方が多くなんとも不思議な空間へ早変わりしてしまいます!
そしてここからのサビもめちゃくちゃ盛り上がります!

おまけ:黄昏シンフォニー

演奏率はそこまで高くありませんが、個人的にオススメの曲です。
冒頭でも述べましたが、KEYTALKの本当の魅力は、このようなしっとりした歌もあるということでしょう!
ついつい聴きいってしまいます。沈みつつある夕陽を見ながら聴きたい一曲ですね。

また、今回はすべて紹介することはできませんが、もっともっといい曲もあります!
これらの曲に興味を持った方は是非他の曲も聴いてみてください!

まとめ

私の語彙力が乏しかったせいで、曲の良さを上手く伝えられなかったのが反省ですが・・・。
KEYTALKのライブがものすごく楽しいということだけお伝え出来たらなと思います!

笑い要素もあり、すべての曲で盛り上がれるのは紛れもないKEYTALKの魅力です!

一度ライブへ行ったら必ずハマります!
全国ツアーも予定されており、益々目が離せないグループです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました