【グッドモーニングアメリカ】活動休止はいつから?理由は?いつ再開?ファンの反応も!

アーティスト紹介
スポンサーリンク

こんばんは、TAH-kunです!
当ブログではフェスやアーティストに関する情報を発信しています!

本日の記事では、グッドモーニングアメリカ活動休止について迫っていきたいと思います!
いやぁ、このニュースには驚きましたね。解散ではなく活動休止というところが唯一の救いですが。。

TAH-kun
TAH-kun

インパクトがあるバンド名と癖の強いキャラが魅力。
ポップでキャッチーな良い意味で万人受けする曲を量産し続ける彼らの活動休止ニュースは驚きの一言でしたね。

本日の記事では、今回の活動休止に焦点を当てながら、彼らの魅力についても深堀していきたいと思います!

スポンサーリンク

グドモことグッドモーニングアメリカとは?

バンド名が爽やか。朝から聴きたいバンド第1位です。

残念ながら今回「活動休止」のニュースを受け当ブログで取り上げることになってしまいました。
もっと別の形で取り上げたいところでしたが、残念です。

グドモをご存知ない方も、当記事を見て少しでも興味を持っていただければ幸いです!
明るく爽快感のあるメロディーで元気にしてくれるバンドです!

ではこれからメンバーとライブ定番曲をご紹介していきます!

メンバー紹介

[写真左]たなしん(B, Cho)
上裸に短パン、サングラスが基本スタイル。ライブでは「ファイヤー!」という掛け声で周りを盛り上げます。
「活動再開のときまで心の炎を絶やさずに進んでいく。残りのライブでも全力ファイヤーする。」とコメントを残しています。

[写真左から二番目]ペギ(Dr, Cho)
2008年7月に加入。途中メンバーだが、音楽へのストイックな姿勢でバンドに勢いを与えている。
「やりたいこと、やれることを改めて考えて、また会える日のため、これから僕なりのやり方で活動していき、恩返しできるよう努めていきます」とコメント。

[写真右から二番目]金廣真悟(Vo, G)
グドモのボーカル担当。ほとんどの楽曲の作詞作曲を担当。
イギリスへのホームステイ経験もあり、イギリスのバンドに影響されグドモを結成。
「グドモを続けるために活動休止という選択をした。またこの4人でステージ上に戻ってくる気満々です」とコメント。
良かったです。戻ってくる気満々で・・・。

[写真右]渡邊幸一(G, Cho)
グドモの前身バンドではボーカルを担当していた。
「ずっと自分の音楽に対する気持ち、残りの自分の人生、何度も自問自答してきましたが、今はこの答えしか出せませんでした。」「この大きな決断を後悔しない為にも、いつかまたみんなと笑って振り返ることができる為にも、前を向いて進んでいくつもりです。」とコメント。

ライブ定番ソング

キャッチアンドリリース

グッドモーニングアメリカ 「キャッチアンドリリース」PV

スマホを手に入れたことにより、新たな情報に接触しやすくなると同時にすぐ情報を捨ててしまいます。
また、SNSなどでもすぐミュートやブロックができる状態もあり、情報だけでなく「人」でさえもキャッチしてリリースすることができてしまいます。
そんな現代社会の構造を皮肉に歌った曲となっています。

毒多めですが、非常に乗りやすく楽しい曲です!

未来へのスパイラル

グッドモーニングアメリカ「未来へのスパイラル」 PV
「希望」と「絶望」が循環ではなく未来へのスパイラル

という出だしから強烈な歌詞です。生きている中で、もちろん希望だけでなく絶望もやってきます。
それらが未来永劫続いていくことを歌った曲です。

それはまるでシステムのようで、悲しみや喜びを感じさせる暇も与えないほど続いていくことを示しています。
現代社会をうまく表現した素敵な曲です。

コピペ

グッドモーニングアメリカ「コピペ」MV

今や使っていない人の方が珍しいところまで行ってしまったSNS。
SNSを投稿する中でどうしても「いいね」が欲しい!承認欲求を満たしたい!という現代人ならではの感情を皮肉っぽく歌った曲です。
「コピペパピプペポコピペパピプペポコピペパピプペポPeopleパーよ」のフレーズが頭に残る楽曲です。


これらの曲から共通して言えることは、現代社会を皮肉に歌う曲が多いということではないでしょうか。

更にそれを嫌味っぽくないキャッチーなメロディーで歌うこのギャップ感がたまりませんね!

活動休止の理由やファンの反応は?

活動休止の理由

メジャーデビューをして5周年。これから勢いづくタイミングで、まさかの活動休止という発表になってしまいました。
メンバー同士でバンド活動と今後の人生を見つめ直すため話し合いをした結果、このような結論に至ったとのことです。

先程も紹介したように、ボーカル金廣は「このメンバーでグドモを続けるための活動休止」とコメントを残していました。
更に、「4人でステージ上に戻ってくる気満々です」とも。

まだ、納得いかない方もいるとは思いますが、メンバー全員が納得して導き出した結論であれば仕方ないですよね。
私たちにできることは、グドモが更にレベルアップして帰ってくる日を楽しみに待つことです!

解散はいつ?新発表も!

今回の活動休止にあわせて更に大きな発表をひとつ。
「フルスロットル」というラストシングルを10月16日にリリース。
そして、2020年1月にはワンマンツアー「また会えるよね」を開催することも決定。

東京・愛知・大阪の3会場でのツアーとなり、グドモとしての活動は幕を閉じてしまいます。

再開はいつ?

残念ながら再開がいつかは公表されていません。

実は以前(2006年)もグドモは活動休止をしていました。
当時は、1年2か月の時を経て、2007年7月にバンド名を「for better,for worse」から「グッドモーニングアメリカ」へ変更活動を再開しました。
当時の活動休止理由は「自分たちの楽曲を、より相手の心に届けるために」とこちらも前向きな模様。

この休止期間でレベルアップし今のグドモがあると考えると、更にもう一段階高みへ行くための準備期間になりそうですね!

ファンの反応は?

Twitterではグドモ活動休止に関して悲しみの声が溢れていました。

解散ではなく、前向きな意味での活動休止とは分かっていても、ライブですぐに会えないことを考えるとショックですね。
私もグドモの爽快感のある楽曲に気持ちを救われたことが多々あるのでショックです。

おまけ:これまでに活動休止したバンド

ELLE GARDEN

記憶に新しいのはELLE GARDENの活動休止+活動再開のニュースではないでしょうか。
2008年~2018年と約10年間の活動休止期間でした。

いきものがかり

こちらも個人的には大ニュースでした。高校時代にハマってずっと聴いてきた思い出の詰まったバンド?アーティストです。
活動休止期間は2017年~2019年の2年間でした。

西野カナ

2019年1月8日に無期限活動休止を発表。
30代へと踏み出す目前に新たな挑戦へと踏み出すために活動休止宣言。しかも無期限。
バンドではありませんが、こちらも印象に残る出来事だったのではないでしょうか。

まとめ

本日の記事では、グドモ活動休止の理由とTwitterでの反応を取り上げてきました。
正直驚きですよね。解散でないだけ救われましたが、ファンの方々は大きなショックだったと思います。

この発表を見て私が感じたことは、「好きなバンドのライブには惜しみなく参加しろ」ということですね。
来年聴けるからいいや。次の機会に行こう。などと思っていると手遅れになるかもしれません。

もちろん、そう簡単に毎回ライブに参加は無理だと思いますが、いざというときのことも考えておきたいものです。

グドモの帰還を待ちましょう!復活ライブに参加できるよういっぱい曲聴いておきます!
では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました